スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六-2 三尊の来迎

 越中愛本から黒部の山ふところ十里余りに「帰らず」という大きな岩が突き立つています。ここから奥へ行くと、二度とかえり来ないから「帰らず」と誰いうとなく呼ぶようになつたそうです。この黒部谷に、いつの頃からか在所に死人がありますと、桶に入れうしろの山の高い所を切り均し、葬台と名づけ、死人を入れた桶を日暮れてからこの台の上に据え、親類、縁者、近所、隣の者共寄り集つて念仏称名高らかに唱えているその中に、光明輝いて紫雲靆(たな)びき、二十五菩薩音楽を奏し、彌勒(みろく)・観音・勢至(せいし)の三尊来迎して、葬台に据えてある桶を彌陀如来が手ずから抱えて空に昇り給うと、台下に居並ぶ者共、一心不乱に念仏の声いや高く、随喜の涙にむせぶを常とし、これにて式を終え、参詣者は死人の家に戻り夜食の饗応も賑々しく一同退出するのが昔からの風習でありました。
 この山里に孫左衛門といつて、器量衆に優れた者がありました。つくづく三尊来迎の事で常に不審の雲が晴れない
『極楽から如来さまの来迎ある筈はない。また死人には、善人もあり悪人もあろう、善人ばかりに来迎があつて、悪人に来迎がないではない、善悪押しなべて三尊来迎があつて、浄土へ導き給うこと、かたがた合点ゆかず、こは必ず魔の業だろう』
とかかる考えが胸にわき、三人の悴(せがれ)を膝下に呼んで
『汝等よくよく聞け。ある書物に高い山には、朝日の出る時仏の形のようなもの現れるのを、三尊来迎し給うとある、これは朝日が高山の巌石などに映つり、影が仏の形に見えるということだ、して見ると浄土から仏の出給うのではない。それを三尊来迎し給うといつて、影を礼拝しているのである。この在所の三尊来迎は、死人を取り行くことただ事ではなく魔の業だろう、自分は今歳七十歳に及ぶ命は風前の燈、水上の泡である。何事も夕をたのみがたい、一旦死すとも必ず必ず三尊に渡さないで、土中に埋めて貰いたい、人は万物の霊長である。死んだ後にも遺骸を畜生などにわたすことは残念である。三人共に狩する序に心がければ、三尊の正体をも見出すこともあろう』
と、物語りました。三人口を揃えていう
『仰せのようにきつと魔の業でありましよう。万一、千歳ののちなくなられたら、必ず土葬にいたしましよう』
と、誓いましたので、孫左衛門の喜びは一方でなかつた。間もなく風の心地で床に臥し、無常のかぜに誘われて、終にはかなくこの世を果てました。三人の兄弟、母諸共歎き悲しんだが、詮方なく、父の遺言を守り、土中になきがらを埋めることとなりました。その際兄の孫右衛門は弟どもに向い
『わしが三尊の正体を見届けようと思うから、わしを桶に入れ表向き父の葬送として、葬台に据え置け、桶を取り行かば汝等それぞれ得物を持参し密かにその跡を追うて来い、万一仕損せばそれまでである』
と、短刀抜身に持ちながら桶の中に入つた。日も黄昏(たそがれ)てかの桶を葬台に置き、いずれも念仏を唱えていました。例の如く三尊来迎して桶を取つて行つた。二人の弟今は逃がさずと、その行方を追うて隠れ隠れ敵にさとられずと奥深く進みますと、広い野原に至つて桶を下におろしました。
 孫右衛門は桶の中にいて、予(かね)て拵(こしら)えておいた節穴からのぞき月影にすかして見ると、三尊初め二十五菩薩は異類異形の姿に変化(へんげ)し、桶の蓋を開け死人を食わうと立ち寄る矢先き、内から一刀突きつけるとわつと声揚げ逃げ行くを追い詰め切りつけ、矢庭に六疋まで物の見事に斬り殺し、残るは疵をうけ逃げ失せました。かかる所へ兄弟二人がけ駆け付け来り兄の無事を喜びあいました。
 かくする中に夜も白々と明け渡り、斬り殺した者を一々取り調べ見ると、幾百年たつたか分らない狸であつて、あたりを見回すと死人を入れた空桶が、幾千万と限りなく白骨はうず高く山をなして物凄く、なおも様子を探そうと、血潮を辿り行くと、あるいは穴に匿れ疵を負うて谷影に隠れていました。それを片端から引き出して、残らず切りつくし、一同凱歌を奏して家に戻りました。それからのちは黒部の来迎はとんと止んだそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。