スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平村女子高生銃殺事件

 授業中に銃を持ったテロリストが乱入、おびえるクラスメイト。そんな中、アクロバティックな動きでテロリストを制圧し、みんなに感謝される自分・・・。小学校高学年から中学生にかけて、いよいよ授業についていけなくなった私は上の空で、そんな妄想によく励んでいたものであるが(余談だが「授業中 テロリスト 乱入」で検索すると、どうも多くの元・男子たちが同じ妄想を繰り広げていたようだ)、そんな妄想を地でいく事件が昭和の富山で起きた。

教室に侵入、猟銃発砲 富山・福野高校平分校試験の18人立たせ 女生徒撃ち殺す 精神異常の元国体選手
【福光発】十七日朝、富山県で精神異常の青年が猟銃を持って定時制高校の教室に侵入、実弾を発射、生徒を死亡させるという事件があった。
同日午前八時四十分ごろ東砺波郡平村下梨、■■■■さん六男■■(二〇)は、近所の■■■■さん方などから猟銃二丁と弾帯を持ち出し、約二㌔離れた福野高校平分校(昼間定時制)の窓から四年生の教室に侵入、学期末試験中の生徒十七人(男子十一、女子六)と、■■■教諭(二六)を黒板の前に前向きに立たせ、■■■■■さん(一八)(■■■さん三女)をねらって発砲、一発めは右胸、二発めは左胸に命中、三発目は隣の教員室の壁を撃ち抜いた。■■■さんは近くの藤井病院に収容されたが、出血多量で同九時五十分死亡した。■■はその後分校近くの平橋中央で銃をかまえ、人が近寄ると発砲する態度をみせるので福光署では付近地区民に避難を命ずるとともに、県警本部に催涙弾による応援を要請、地元消防団と■■を遠巻きにして警戒に当たった。しかし同十時ごろになって■■の態度が平静になったようなので同村上梨、土建業、■■■■さん(五八)が橋のたもとから説得、同署員が近寄って銃をとりあげ殺人現行犯で逮捕した。■■は今春同分校を卒業したが、在校中からスキーの選手として活躍、昨年の国体には富山県代表として参加している。しかし子どものころ脳膜炎をわずらい、粗暴癖が強く卒業後は就職もせずブラブラしていた。この事件も病的な異常さが高まっての犯行とみられている。

はじめ冗談と思った
同級生■■■■■さん(一八)の話「英語のテスト中にいきなり窓の外から飛び込んできて動くと撃つぞとおどかされ、黒板の前にみんな並ばされてはじめは冗談だと思っていたが、■■の顔がひきつっており■■さんが撃たれたあとはわたくしたちも殺されると思って恐ろしさでいっぱいでした」”(読売新聞夕刊1962.7.17)


猟銃で脅して教師と生徒たちを黒板の前に並ばせ、一人を射殺する・・・。光景を想像するとまるでマンガのような話である。そして、動機はあまりに身勝手なものであった。

恋の恨みから 富山の女生徒射殺事件【福光発】十七日朝、富山県東砺波郡平村福野高校平分校の教室に侵入、同校定時制四年■■■■■さん(一八)(夕刊■■■は誤り)を猟銃で射殺した同村上梨農■■■■(二〇)は同日午後身柄を福光署に留置されたが、動機については失恋のためと自供した。自供によると■■は同校在学中から交際を要求して相手にされなかった■■■さんを殺そうと思い、付近の民家二軒から盗み出した村田式二連銃二丁と四十発装てんの弾帯二帯を持って同日午前四時ごろ分校二階の図書室にもぐり込んで生徒の登校を待ち構えた。同八時半ごろ廊下に出たさい生徒に気づかれ一発発射、グラウンドに出て四年学級に侵入し凶行に及んだ。同署では脳膜炎をわずらって粗暴癖が強く病的な異常さが高まっての犯行とみている。”(読売新聞朝刊1962.7.18)

要するに一方的に行為を抱いていただけにもかかわらず、相手にされなかったことに逆上して殺害したのである。あまりに身勝手かつ腹立たしい事件であるが、男に下った罰はあまりに軽いものだった。

女生徒射殺に懲役15年 富山 元国体スキー選手に判決【高岡発】さる七月十七日富山県東砺波郡平村、県立福野高平分校教室内で同校四年(定時制)■■■■■さん(一八)を猟銃で射殺した同村、無職、元国体スキー選手■■■■(二〇)の判決公判は二十八日午前十時から富山地裁高岡支部で開かれ、水島裁判長は懲役十五年(求刑無期)をいいわたした。■■がこどものときにわずらった脳膜炎の後遺症があること、片思いの行為などの点に情状が認められた。”(読売新聞夕刊1962.12.28)

 この男の“片思いの行為”のどこに情状を認めることができるのだろうか。また、脳膜炎の後遺症が再三にわたって言及されているが、始業時間まで校内に潜伏し、大勢の生徒の中から目的の女生徒だけを見つけ出し、右胸と左胸の急所に撃って殺害している点から見てそれほど考慮すべきものでもないように思う。
 他人の人生を十八年で終わらせた犯人がいまも生きているとすれば七十代になっている。私たちの隣人として、善良な市民のフリをして暮らしていると思うと、うすら寒い限りである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。