スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一二 2竜女の与えた竜梅水

 高岡たらい野という所に、名高い瑞竜寺の隠居庵の真興寺という禅宗のお寺がありました。このお寺へいつ頃からか二八余りの美目よい一人の娘が身に綺麗な衣装を着飾り、毎朝雨の降る日も、風の吹く日も怠らず参詣しました。寺の和尚さんが不思議に思い、ある日のこと娘に向い
『御身はどこからお参りなさる、毎朝かかさず御参詣神妙の至り』
とほめました。娘はうつむいて
『お恥しいことながら、おたずねだから包みかくさず申し上げましよう。私は元来人間ではございません。この裏の池に住む竜女でございます。現世、未来の苦みを助かりたく念願し毎日お参り致します。何卒血脈(けちみやく)をお授け下さるようお願いします』
和尚さんはこれを聞いて
『そわいと易い事、さらば明朝お参りの時にお授け申しましよう』
娘『こわ、ありがたい、日頃の念願成就』
と喜び勇んで明朝を約し縁に出で庭に下りたと見る間に忽ち三尺余りの蛇に化けていずくともなく影失せました。
 翌る朝、和尚さんは読経(どきよう)をすまし娘に対面してもんもんを唱え戒名をさずけ血脈を与えました。娘は随喜の涙を流いて押し頂き
『お礼のしるしにきれいな水を参らせましよう』
といい、そのまま姿が消え失せました。程なく寺の庭の中に浄水三尺余り湧き出て、そのほとりに俄かに一本の枝振りのよい梅の木がぬつくと生えましたから、竜梅水と名づけこの名水を村中の人達が樋(とい)を伏せて水を導き飲料水に供しました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。