一二 1竜女孝子を助く

 婦負郡古里村長沢の山中にある、一つの小さい池を走影池(はしりかげのいけ)といいます。大昔此の地に六治古(ろくじこ)というものがありました。年のいかない時に父に別れ一生懸命働いて田畑を耕作し、母を大事にしたのでその親孝行は専ら世間の評判になつて誰一人褒(ほ)めない者はありません。年二十になりましたがまだ定まつた妻がいなかつたのです。
 ある日の暮れ方、二八あまりの綺麗な一人の娘が雪路を踏み迷い一夜の宿を乞いますと、母は之をあわれみ家に留めました。日を重ね六治古の妻になる縁談がまとまり婚礼をあげ、間もなく、妻は唯ならない身となつて玉のような一男児、六郎を産みました。
 袋の中から自分が紡ぎ織つた布を取り出し牛馬や農具に替え、自ら人夫を率いてそれと共に荒地を開墾し用水を掘り水を引いて数多の新田に灌ぎました。今の山田川がこれであります。かように働いたので、秋の実入(みいり)も多く、段々身代もゆたかになつて郷里に肩を比べるものなく立派な豪農に出世しました。
 六郎七歳の頃、一日妻は六治古に向い
『私はもともと竜女であります。御身の親孝行に感じ竜王私に君を助けさせられました。今から竜王の許へ帰ります』
と暇乞いし空に向つて昇ると見る刹那、空は俄かに墨を流して真闇となり、雷雨が烈しく耳をつんざました。親子は泣き叫んで追い、一つの池を見出し水中を覗きますと母の面影がありありと水面をはせ通いました。それにちなんで後世、この池を走影池(はしりかげのいけ)というようになりました。
スポンサーサイト