ニホンオオカミ

「伝説とやま(北日本放送㈱)」に「大沢野町誌」を出典として以下のような民話が紹介されている(私的なメモのため一部改変)。

"富山市大沢野町大久保の上大久保と中大久保の間に小高い丘があり、その東側にあった池は子供達の遊び場になっていた。ある日、1人の子守女が主人の子を連れて遊ばせていると、山犬(狼)が忍び寄り、主人の子を喰おうとした。そのことに気付いた子守女は大声で助けを求めたが、近くに誰もおらず、主人の子を連れて共に逃げることも見捨てることもできなかった。そこで子守女はとっさに主人の子に覆いかぶさり、山犬の牙にかかって血まみれになった。しばらくしてこれに気付いた人々が慌てて近寄ると、子守女は既に死んでいたが、腹の下に隠していた主人の子は無事だった。人々は子守女の健気なおこないをたたえ、この丘を女中山(べいやま)と呼ぶようになり、後に訛って弁山(べんやま)になったという。ちなみに"べい"とは女中を意味する方言とのことである。"

先日、パオロ・マッツァリーノ著「みんなの道徳解体新書(㈱筑摩書房)」を読んでいたらp142-143に大正9年改訂版の国定修身教科書に掲載されていた「子守りおつな」という以下のような話が紹介されていた(ふりがなや改行は改変)。

"若狭(現在の北陸地方)の漁師の娘おつなは、一五歳のとき子守り奉公に出された。ある日、主人のこどもをおぶって遊んでいると、野犬がとびかかってきた。犬を振り切って逃げることはできないと判断したおつなは、おぶっていた子を地面におろし、自分がその上に被さった。犬は激しくおつなに噛みつき、多くの傷を負わせた。ようやく駆けつけた人々が犬を打ち殺した。こどもにケガはなかったが、おつなは負傷がひどく、まもなく息絶えた。人々は感心し、おつなのために石碑を立てた。"

2つの話は似ている、と言うより細かい設定を除けば同じ内容である。弁山は現存しないようだが、Googleで「おつな 石碑」と検索するとWikipediaに以下の記事があり、石碑だけでなく石像まで建てられているようである。

"綱女(つな じょ、1755年- 1769年)は、江戸時代に活躍した若狭国の子守である。

1755年(宝暦5年)、福井県遠敷郡小松原村に生まれた。父は漁夫をしていた角左衛門。家は貧しく、15歳で同郡西津の人松見茂太夫(郡手代)の家に子守として奉公したが、ある日、茂太夫の幼児義方をあやして路傍にいたところに狂犬があらわれてきたので、綱は義方を身を以ておおいかぶせ、自分は狂犬の咬むにまかせ、身に十数傷を受け、しかも毅然として幼児を守りとげた。隣人が驚いてはせあつまり、綱を介抱し、茂太夫の家につれかえったが、綱は身の重傷をわすれ、ひたすら義方の無事であったことをよろこんだが、24日目についに死亡した。綱の忠烈な行為は領主の耳に達し、父角左衛門は多額の金を賞与され、綱は西徳寺内にほうむられ、墓碑には「忠烈綱女の墓」と誌された。後3年にして領主はさらに角左衛門に免租し、かつ綱の墓を西徳寺門外に改葬し、寺僧に金をあたえてながく墓守をさせることにした。しかし歳月をへるにしたがって墓は荒廃し、埋葬の場所さえ不明になったので、その後同郡小学校長会の尽力によりあらたに「綱女の墓」なる墓標がたてられ、綱女墓碑保存会によって保存されることになった。"

国立国会図書館サーチ書誌詳細によると「大沢野町誌」は昭和33年(1958年)刊行で、弁山の話の初出は現時点でこの本である。また、綱女の話に対して弁山の話は犠牲者の名前も時代も不明で、弁山も現存しないため場所の特定は不可、そもそも冒頭に出てくる丘や池が実在したかどうかの確証もない。伝説が先行している状態で、単なる地名由来譚でしかない。

これらのことから弁山の話は史実ではなく、綱女の話が伝播して土着した伝説ではないか、という仮説が立てられるため、今後検証を行っていきたい。

(参考文献)
伝説とやま
みんなの県政1973年(昭和48年)2月号No.50p19越中の伝説 弁山
大沢野町誌
スポンサーサイト